絵画展へ

カテゴリー:おつきあいマナー
2017.10.06

講師をつとめている専門学校デジタルアーツ仙台。

今日の授業を終えたところで、絵画展へ行ってきました。

 

デジタルアーツはコースが多いので、講師室には多種多様な職業の講師の先生がいます。

CGクリエイター科の講師でフィギュア・ゲーム作家の菊地実朝先生にお声がけいただいて、今日行ってきたのは、

同じくデジタルアーツのCGクリエイター科でデッサンを教えていらっしゃる画家 長谷川資朗先生の個展です。

 

万葉の歌と源氏物語の登場人物を油絵で描いた美しい作品の数々。

単純化・抽象化された模様、鮮やかな色の着物、繊細な装飾品、優しく儚い表情の人物、

独創的な世界に惹きこまれます。

 

 

こちらは、昨年末に開かれた 長谷川先生のパリの個展のオープニングパーティーで上映されたものだそうです。

 

 

 

パリの個展に出展した作品は、現地の方々に購入されたり、それ以外のものもすべて置いていらしたそうで、今回の絵画展は新しい作品ばかり。

細かい繊細なたくさんの作品。

どんなにお時間を費やして描かれたのでしょう。

ぜひ実物をこの機会に。

 

 

 

「〜美しくも儚い世界〜長谷川資朗絵画展」は、

藤崎本館6階 美術ギャラリーにおいて、

10月5日(木)から10月11日(水)までの開催です。

 

 

 

 

 

 

フリーアナウンサー 三浦貴子

一覧へ戻る

pagetop