忖度の人

カテゴリー:おつきあいマナー
2017.12.06

今夜は、送別会がありました。

 

仙台広告業協会の事務局長の送別会です。

いつでも優しい笑顔で会員をまとめていらした事務局長。

会のイベント、セレモニー、懇親会など、数えきれないほどの司会を担当させていただいてきました。

事務局長には、そのすべての催事でたいへんお世話になりました。

 

 

仙台広告業協会は、広告の力で東北を元気にしようと、仙台で活動する多くの広告代理店が名を連ねています。

本来ならライバル的存在でありながら、しっかりとした横のつながりが築かれてきました。

 

こうして会がまとまることができたのも、周囲を優しく気づかい、思いやることのできる事務局長のお力です。

 

今夜は、事務局長への感謝の気持ちを持つ大勢の会員の皆さん、OBの皆さんが集まりました。

 

乾杯での副理事長のお話で、事務局長は忖度の人だとありました。

 

 

忖度

 

今年の流行語大賞のことば。

ニュースで目立ったことばだけに、色々な印象がありそうですね。

 

でも、忖度の意味は、相手に配慮すること、

相手の気持ちを推しはかって、思いやること。

思いやりの心、優しい気持ち。

 

まさに、事務局長は忖度の人です。

 

多くのライバル会社をまとめて、みんなで大きな力が発揮できるようにするには、どれだけの気づかい、思いやりが必要だったでしょう。

 

お開き時、これからは名誉会員として懇親会にご招待するとのことが決まりました。

今後も、笑顔にお会いできるとわかって、会場の皆さんからも笑顔があふれ、ワーッと歓声と拍手が起こりました。

 

 

一番上のイラストは、昨年度の協会の活動PR新聞広告のものです。

杜の都を広告で盛り上げよう!と、仙台広告業協会は、事務局長の支えのもとまさにこんなイメージです。

 

 

 

ヨコタ事務局長、ありがとうございました。

事務局長が教えてくださった忖度の心、これからも大切にしていきます。

 

 

 

 

 

フリーアナウンサー  三浦貴子

一覧へ戻る

pagetop