ノーマライゼーション

カテゴリー:おつきあいマナー
2018.10.27

今日は、朝いちばんの新幹線で東京へ。

 

雨の朝。

仙台駅前の交差点。

日の出は遅くなって、 6時台でもこの暗さです。

 

今日、明日は、サービス介助士、アシスタントインストラクターのOJT。

On The Job Training、

実際に受講生の皆さんがいる教習に入って、インストラクターの動きを学びます。

 

サービス介助士の資格を取得し、インストラクターを目指してから、

街の中の優しい工夫に気がつくようになりました。

 

写真のエスコートゾーンもその一つ。

横断歩道に敷設された、視覚障がい者誘導ブロック、点字ブロックですが、

黄色ではなく、横断歩道の色に合わせたグレーと白のライン。

 

これは、横断歩道の安全な最短距離を表しています。

歩く速度が遅い人にとっては、青信号の時間が短いと渡りきれるか心配なときもありますね。

そんな時に、このエスコートゾーンは、

このルートだといちばん早く渡れますよとお知らせしています。

 

視覚障がいのある方だけでなく、ケガをしていて歩くのがたいへんな方、車椅子に乗った方、

そして、高齢者、お子さん連れの方、みんなに優しい街の工夫です。

 

だれもが当たり前に生活できる社会、ノーマライゼーションの実現に向けて、できること。

知ること。

伝えること。

 

 

今日、明日の教習、ご一緒する皆さん、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

フリーアナウンサー  三浦貴子

一覧へ戻る

pagetop