音訳定例会

カテゴリー:ナレーション
2024.06.21

今日は、宮城県視覚障害者情報センターへ。

 

宮城音訳奉仕会の会員として、今月の音訳定例会に出席してきました。

声で情報をお届けする音訳奉仕員。

利用者の皆さんに、正しく、楽しく、お伝えできるための勉強会です。

 

曜日によっては、なかなか定例会に出席できずにいたため、

久しぶりに同期のみんなに会うことができました。

 

ただ、せっかくの勉強会、なるべく同じ期で固まって席をとらないようにとのこと。

それではと、大先輩方のお席にご一緒させていただきました。

 

あらかじめ録音された小説の音訳の試聴し、読みのポイントを確認。

研修で学んだはずのことも、実際に丁寧に照らし合わせながら聴くと、改めて気づくことがたくさん。

そしてグループごと、4人ずつでの実践練習。

私の入ったグループは、音訳の指導員資格をお持ちだったり、元アナウンサーの方、皆さん音訳は20年経験を重ねていらした大ベテランの先輩方。

向かい合わせで、皆さんの読みを聴く機会なんてなかなかありません。

ドキドキ。

 

安定感のある、心地よい落ち着いた声。

そして、高いところからはじまり、小川が岩の間を滑らかに流れるように、低いところまで落ちていくような、自然な音の流れ。

言葉がすーっと耳に染み込んでくる素晴らしい読み。

小説のほんの1ページですが、まさに「作品」です。

3人の先輩方それぞれに個性はありながら、ああ、こうやって読むのだ、と、学ばせていただきました。

 

何年経っても、こうした学びの場をいただけるのは、ありがたいこと。

続けることの大切さも感じる時間となりました。

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

そして・・・私がスヌーピー大好きなことをご存知の先輩から、

なんと・・・!

色ちがいのおそろいで、と、プレゼントをいただいてしまいました!

わあ、ありがとうございます。

だいすきなかわいいスヌーピーのボトルカバーがあれば、

スタジオでも、学校でも、現場でも、いつでも笑顔でがんばれます!

 

 

 

 

 

 

 

 

フリーアナウンサー 音訳奉仕員 三浦貴子

一覧へ戻る
次へ

pagetop