つつじ

カテゴリー:おつきあいマナー
2019.04.21

昨日、今日は、東京出張でした。

 

サービス介助士のお仕事でした。

 

今回は、鉄道会社の方をはじめ、テーマパーク、スーパーマーケットにお勤めの方など、幅広い業種の方々が参加しての教習でした。

 

高齢者疑似体験では、身体に重りや関節を固くするサポーターなどの装具をつけて外出します。

そして、一番大変なのは白内障をリアルに再現したゴーグルです。

装具をつけた状態で、コンビニでお買い物をして、水道橋駅を見学します。

 

教室に戻ってきてからの受講生の皆さんの感想では、

見えない、聞こえない、動けない、怖かった、疲れた、ストレスを感じたなど、高齢者の方々のご苦労に思いを至らせた声が上がります。

こうした気づきから、思いやりある行動につながっていきます。

 

ただ、今日はこんな感想を述べた方がいらっしゃいました。

「つつじの花がきれいだった」と。

 

高齢者疑似体験では、白内障ゴーグルで、視界が狭く、ぼやけた世界、

色もふだんとは異なる不思議な視界を作ります。

白内障のなかでも、高齢者の視界の特徴、紫外線の影響による黄色い世界を再現しています。

 

足元を見て慎重に歩く中、ふと狭い視界に入ってきたのが、つつじの生垣だったそう。

ちょうどきれいな花を咲かせる季節です。

 

ほとんど色の消えた世界で、

つつじの白が鮮やかだったとの感想でした。

 

高齢の方の辛く大変なことばかりでなく、こうしたささやかな喜びに気づくことも大切ですね。

思いやりあふれるおもてなしにつながることと思います。

 

 

 

 

 

 

フリーアナウンサー  三浦貴子

 

一覧へ戻る

pagetop